未分類

中国無人コンビニの「便利蜂」、1000店舗を突破 3年以内に1万店舗を目指す | 36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

北京、上海、南京など複数都市で展開する中国の無人スマートコンビニ「便利蜂」は、過去31か月で店舗数1000を突破した。また、今後3年間で1万店舗をオープンさせる予定だと発表した。
便利蜂は、実際に応じて惣菜商品の提供や在庫補充のためのスタッフを店舗に配置することはあるが、モバイル決済とQRコード対応のPOSシステムを利
— Read on 36kr.jp/

便利蜂は、実際に応じて惣菜商品の提供や在庫補充のためのスタッフを店舗に配置することはあるが、モバイル決済とQRコード対応のPOSシステムを利用し、レジの無人化を実現している。同社は、高精度のアルゴリズムとビッグデータ分析を活かし、商品の選択、価格設定、陳列方式などにおいて自動化を進めている。また、それらによるサプライチェーン管理の最適化や在庫食品の鮮度管理を行う。

すごいわ。