未分類

「人間関係」に疲れ切った日本人を救う働き方 | ワークスタイル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

それなのに、日本人がなぜこれほど忙しいのかというと、「1日が数十の細かい時間に寸断されている」からです。会議や電話、同僚や部下からの相談、上司との雑談など、こまごまとした用事によって通常の勤務時間のほとんどは潰れてしまいます。細切れの時間で集中した仕事はできないので、夜中まで残業したり、休日に出勤して穴埋めしなくてはならなくなるのです。

— Read on toyokeizai.net/articles/amp/291334