ビジネス

Instagramを使って「おこづかい稼ぎ」をする10代の若者が増加中

Posting Instagram Sponsored Content Is the New Summer Job – The Atlantic

https://www.theatlantic.com/technology/archive/2018/08/posting-instagram-sponsored-content-is-the-new-summer-job/568108/

 

長期間の休みになると、アルバイトをしてお小遣い稼ぎをする10代が増えます。

アメリカの場合、ベビーシッターやスーパーで働くなどが一般的ですが、SNSが日常的な現代ならではのお小遣い稼ぎが続出しています。

それは、特に若者向けのコスメやファンションを扱ってるブランドから、数千円を受け取りそのブランドの商品を使ってる様子をインスタグラムにアップするということです。

この仕事をするには一定のフォロワー数がいることが条件ですが、数千人レベルのフォロワーがいれば対象内です。

 

ペンシルバニア州に住む13歳の女の子は、「仕事をする時にはいっぱい訓練をする必要があって、職場に行って1日何時間も仕事しなくちゃならない。でも、これ(Instagramの仕事)なら全然時間をかけずに投稿するだけで、50ドル(約6000円)ぐらいもらえるの」と語っています。氏名非公表を条件にThe Atlanticの取材に答えたこの少女には8000人のフォロワーがいて、「仕事」を始めて約1カ月で数百ドル(数万円)の収入があったそうです。