漫画・アニメ

ダイヤのエース128|ネタバレ・感想

話の始まりは、奥村と御幸が会話してる回想から。

「オフのトレーニングでました球威とキレ、今はそのストレートこそが沢村の1番の武器だと思ってるよ」と御幸が話したところで試合に戻ります。

 

ワンナウト、ランナー1塁3塁、バッターは1番。

奥村はインコースにストレートのサインを出します。

 

御幸のような強気なリード!

沢村も「ピンチこそ強気に。こういうリードには慣れてる」と…

奥村の後ろには御幸の姿が重なって描かれてるあたり、将来の正捕手は奥村で決まりだな。

 

てか、最近御幸全然見てないな…。

 

沢村はインコースにストレートを投げる。

ストレートはくせ球で微妙に変化し、セカンドフライで打ち取る。

 

次の2番バッター。

アウトローにストレートが入る。

そこで西邦のエース明石が「超えてくるか・・その壁を」と。

 

また沢村が一つ成長した感じですね。

 

そして2球目、3球目はファール。

倉持、小湊、小野と青道のメンバーが見守る中、最後はインハイにストレートを投げ三振。

 

もう沢村の活躍がやばすぎ!!

沢村、もうエースになってくれ笑

 

ABOUT ME
スギ
スギ
サイト制作してる20歳のフリーランス(個人事業主)です。