【ダイヤのエースactⅡ】青道の夏のオーダーを予測してみた

【ダイヤのエースactⅡ】青道の夏のオーダーを予測してみた

 

2017年の6月に青道の夏のオーダーを予測しました。

  1. 倉持(遊)
  2. 小湊(二)
  3. 白洲(右)
  4. 御幸(捕)
  5. 前園(一)
  6. 降谷(投)
  7. 東条(中)
  8. 結城(左)
  9. 金丸(三)

 

あれからもう約1年が経つけど、、、

 

一体いつになったら夏大やるねん!!!!

 

いや長すぎじゃない?てか、マガジンだといい展開過ぎてもう一回オーダー考えたくなった!

ということで、もう一回オーダー考えてみます!

あと、夏大のベンチメンバーはどうなるのかも予想してみたいと思います!

 

スタメンメンバー

今までのマガジンを読んできた感じだと、スタメンはこうなるかな。

  • 倉持(遊)
  • 小湊(二)
  • 白洲(右)
  • 御幸(捕)
  • 前園(一)
  • 降谷(左)
  • 東条(中)
  • 沢村(投)
  • 金丸(三)

今までとあまり変わらないね(笑)多分、これは白龍戦のオーダかな?

たぶんこれがベストメンバーだと思う。

 

1.倉持(遊)

ボディバランスが良く、青道の不動のリードオフマン。

倉持が出塁すると得点率が跳ね上がる。

 

守備や盗塁・走塁の評価は高いが、春のセンバツでは「バッティングが課題」と言われいた。

けど市大戦や白龍戦、その他練習試合では打ってるイメージがある。(特に1回で初球打ち)

もともとスイッチヒッターだけど、「カッコつけてる場合じゃなぇ」と言ってるあたりから、おそらく全部左打席で打ってる。

 

選球眼も良く、バッティングも好調。倉持が出塁するかどうかが試合を大きく左右すると思う。

2.小湊(二)

高校1年生の夏からベンチメンバーに入り、代打で出場し、全ての打席でヒットを打つ。

2年生になってからは主に3番、クリーンアップを任される。

 

けどactⅡになってから、小湊は2番に固定された感じですね。

もともと3番を任されてた実力があるので、2番に置くことでバントの選択肢がなくなり、より攻撃的になります。

今はバッティングが目立つけど1年生の夏大では、偽装のサインプレーやわざとベースに覆いかぶさりインコースを誘ったりと、投手を揺さぶる技巧派バッターなので、2番も様になってる。

 

守備も良し、バッティングも良し。文句なし。

 

3.白洲(右)

ミスター堅実。2年の夏からスタメン。

地味で目立たない印象だけど、落合コーチからクリーンアップを打つだけの実力があると評価されてる。

 

今までは打順がバラバラだったけど、最近は2番小湊、3番白洲でほぼ決まってる。

ミートうまい、ホームランも打てる、守備職人、白レーザー。

ここにきて白洲の株がうなぎのぼり。

 

4.御幸(捕)

世代No.1捕手。1年からレギュラーの座に。

キャプテンで4番。青道の柱。1年生の奥村からは「良くも悪くも青道は、あの人(御幸)が中心」と言ってる。

 

3年生がいるときはチャンスのときしか打てなかったけど、今はしっかり4番の仕事をこなしてる。

確か通算30本ちょいぐらい?練習試合でホームランを量産してる。

 

守備面では相変わらずの強肩と、強気なリードで投手を引っ張ってる。

 

5.前園(一)

3年生が引退してから、クリーンアップを任されてる。

春のセンバツでは、冬のオフでバッティングフォームが崩れスタメン落ち。

けどそれ以降はずっと5番で結果を残してる。

 

もともとインコース打ちのスペシャリストだけど、今は流し方向に打てる技術もある。

長打が持ち味だけど、良くポテンヒットを打ってる。

まるで伊佐敷みたい。

 

6.降谷(左)

剛腕投手。バッティングも怪物クラスと才能の塊。

マガジンを読んでると、降谷が調子を取り戻してエースになるかなと思っていたけど、今読んでる段階だと降谷の先発はなさそう。

でもまだ、5週間ぐらいあるからもしからしたら…

 

7.東条(中)

中学では投手として全国ベスト4。高校では外野にコンバートし、そのままセンターで定着。

しかし!最近の練習試合では、投手として試合に出てる!!

これは地味に嬉しい!!東条は向井のときや、1年生の九鬼との会話で、投手に戻るフラグがたってからね。

 

東条は運動神経が良く、足も速く、肩も強い、その上バッティングも良い。

投手ではカーブ、スライダーを低めに丁寧に集めてゴロを打たせるタイプ。(普通に三振もとれそう)

万能な選手だな。

 

8.沢村(投)

球速が遅いと弱点があったものの135km近くまで球速が上がり、さらにコーナーを広く使うピッチングに、ムービングの進化系ナンバーズや、ピンチでのマウンドさばき。エースになる素質は十分にある。

最近のマガジンでは監督から「任せたぞ。沢村。お前がチームを引っ張れ」と、もうエース扱いになってる。(この回を読んでるときなんか泣きそうになった笑)

 

ナンバーズはまだ未完成のものが多いけど、これが完成したら、降谷と良い勝負になると思う。

バッティングは以前よりかはマシになり、バントの構えなら打てるようになると。

 

青道の投手の中で、一番安定感のあるピッチャー。

 

9.金丸

3年生が引退してから、同じサードの樋笠とレギュラー争いしてる。

確か樋笠は、2年の夏のときにベンチメンバーだったはずだけど、その樋笠とレギュラー争いできる金丸はなかなかポテンシャル高いんじゃない?

バッティング練習や練習試合では、ホームランを打つシーンが増えてきて未来の4番候補かも。

 

けど金丸の場合、バントと守備が少し不安。

バントはこの前のマガジンでちゃんと決めてたけど、守備な!

金丸はエラーする印象があるから。守備さえ良ければ…。

 

まとめ

これはあくまで僕が考えたオーダーです。

もしこの記事を読んだダイヤのエース好きな人は、ぜひ下のコメント欄からベストオーダーを教えてください^ ^