思ったこと

有料noteに関して思うこと

最近ブロガー界隈で「note」について色々物議が醸し出されてる。

特に有料noteに関しては「私も有料で書いてみよっ!」と思う人もいれば、「◯円って…高くね??はぁ!?」みたいな人もいるらしい。

色々な意見が出てきてるので、自分も思ったことを書いてみようと思う。

本音は「どうでもいい」

「何円で売ろうが別に良くね?正直どうでもいい。」これが僕の正直な感想。

でも「どうでもいい」の一言で片付けてしまうと、記事を書く意味がないのでもう少し掘り下げようと思う。

 

そもそも有料noteとは自分の考えやノウハウなどを記事にして、自分で価格設定をして販売することだと思うけれど、何円で売ろうが自分には全く害がないから好きな値段で売っていいと思う。

有料noteなんて本屋にある本の一つで、たまたま手に持った本が100円か、10,000円かみたいなもんだし、自分が手にとった本を買うか買わないかは、タイトルやあらすじなどを読んで決めて各々判断すればいい。

 

だから「この値段はありえないだろ」や「これを買う奴の気がしれない」などと思うことは一切ない。

有料で販売するのは正直すごいと思う

自分は有料noteを書いたことがないから分からないけど、無料と有料とで何が違うのかというと、たぶん「責任」だと思う。

無料で記事を書けば、もしその記事を読んだ人が内容に満足できなくても「無料だからいっか」となる。

けど有料だと少なからず生産者側は買ってもらった人に満足してもらわないと「なんだこの内容は!」と言われるかもしれないので、多少なりとも読んでもらった人を「満足させよう」という気持ちが出てくると思う。

 

人のことを思い、記事を書き、販売してお金を貰う。

簡単そうに見えるけどものすごく大変なことだと思う。

有料と無料、それぞれに良さがある

有料は有料の、無料には無料の良さがあると思う。

 

例えば有料でnoteを販売したら、どんな意見やノウハウが知りたいのか、どうすれば売れるのか、などと買う人の立場になって考えるようになりビジネススキルが磨かれる。

”何か物を売った”という経験は、何かのビジネスをするとききっと活きるはずだ。

 

無料の場合は、もし無料で書いた記事の内容がものすごく有益でお金を払ってでも買う価値のあるものなら、その記事を書いた人は読者から「信用」を得ると思う。

「こんないいことを無料で公表していいの?」と受け手は思うから。

 

なので一概にどっちが悪いとかはなく、有料と無料それぞれには良さがある。

 

 

ABOUT ME
スギ
スギ
サイト制作してる20歳のフリーランス(個人事業主)です。